じゃがいもを長期間保存するにはどうすればいいの

一人暮らしなのに大量にじゃがいもをもらってしまった時、どのくらいまで保存することができるのかといった期間が気になるはずです。
実はじゃがいもは長期間保存することができる野菜ですので、適切な方法で保管すれば、かなり長い間、腐ることなく食べられる状態を維持することができます。
では、どのように保管すればいいのかというと、じゃがいもは、日光にあたると緑色に変色したり、芽が出やすくなってしまうため、風通しのよい冷暗所で保存することが基本となります。
なんとなく野菜は冷蔵庫に入れているという方もいるかもしれませんが、短期間ではなく長期間保存する場合は、冷蔵庫は乾燥しすぎてしまうため不向きなのです。

ただ一般家庭や一人暮らしの家では保管に適した冷暗所がないこともあるはずですので、その場合、じゃがいもを新聞紙でくるんで段ボールに入れておくだけでも構いません。
この時、段ボールを湿気の高い場所に置かないようにすれば腐ることなく長持ちさせることができます。
またじゃがいもを長期間保存するうえで気を付けなければいけないのが芽です。
芽には毒がありますので食べる前にしっかり確認して、もしも、目が出ていれば深めに取り除くようにしましょう。

11potato

大量のじゃがいもを保存するにはどうすればいいの?

大量のじゃがいでも上手に保存すれば、非常に日持ちがしますので、是非参考になさってください。
じゃがいもはあらゆる料理に使用することが出来ますので、毎日でも食べることが出来る野菜です。
簡単に自分の菜園で作ることが出来ますので、誰でも家庭菜園として挑戦することが出来る野菜です。
じゃがいもの保存方法ですが、明るくて暖かい場所に放置しておくと、すぐに芽が出てしまいます。
芽を食べることは出来ませんし、もし食べてしまったら腹痛や下痢などの症状に悩まされることがあります。
絶対に食べないようにしましょう。

じゃがいもの芽を防ぐ為に、なるべく暗くて涼しい場所に置いておきます。
湿気がある場所ですと腐ってしまいますので、車庫の中や軒下の収納倉庫などに置いておくことをお勧めします。
冷蔵庫の中に置いておくと芽が出てしまいますし、封をしめて大量に保存しておくと腐ってしまうことがあります。
大量のじゃがいもを綺麗に保存しておくには、まずは風にさらして、よく乾燥させることです。
土が付いている場合は、付いている土もしっかりと乾燥させましょう。
乾燥したじゃがいもから、専用の袋や段ボールに入れて、軒下や車庫に置いておくのです。
そうすることで長期保存が可能ですので、是非お試しください。

12potato

じゃがいもを保存する時は洗う方がいいの?

じゃがいもを保存する時には、洗う方がいいのか洗わない方がいいのか迷ってしまう人も多いと思います。
じゃがいもは水気があると腐りやすくなってしまうので、洗うよりも洗わないで冷暗所のような涼しい場所で保存するのがおすすめです。
また、じゃがいもに付いている土に湿気が含まれていると、腐りやすくなってしまいます。
ですから、水で洗うのは避けて、土を払うようにしておきます。
また、じゃがいもは太陽の光を浴びると、光合成が促進されてしまいます。

それにより芽が出やすくなり、ソラニンという有害物質も増えてしまいます。
ソラニンは芽や緑がかった部分に含まれているので、調理をする時には取り除く必要があります。
ですから、ソラニンの増加を防ぐためにも光を浴びない場所で保存するのが適しています。
じゃがいもは、長期保存することができます。

ただ、冷蔵庫だと水分が抜けてしまいやすくなるので、美味しく食べることができるのは3日から5日程度と言われています。
また、冷蔵庫の野菜室であれば、新聞紙でくるむなどして3か月程度鮮度を保つことができます。
それから、冷凍庫は保存するのに向きません。
冷凍庫だと含まれている水分が凍ってしまい、解凍した時に水分が抜けて美味しくなくなってしまうからです。

13potato

どのくらいの温度が適しているの?

自宅でじゃがいもを保存する場合、どのくらいの温度がちょうどいいのかという疑問があります。
実際には、じゃがいもは5度以下で保存するのが良いとされています。
ただし、氷点下0度以下ですと凍ってしまい、乾燥するため、じゃがいもがパサパサになってしまいますので凍らせないように低温度で保存することが肝心です。
また、10度くらいでも保存できますが、光に当たると芽が出てきて味も悪くなりますから、できれば冷蔵庫に保管することが望ましいです。
冷蔵庫に入れますと、腐る心配はありませんが、いもの中に入っているデンプン質が減少するため新鮮味が失われます。
ですから、冷蔵庫に保管する場合は早めに食べることをおすすめします。

なるべく新鮮味を保ちたい場合は、じゃがいもをラップなどでくるむと良いでしょう。
こうすることで、外気に触れて劣化することを防げますが、この時も温度は5度以下にすることがポイントになります。
このように、冷蔵庫に入れておくことで保存に適した状態を保てますが、温度は凍らない程度の低温に保ち、光の当たらない場所に保管しておくことが大切です。
保管しておく温度に注意することで、じゃがいもの味を損なうことを避けられます。

14potato

別のサイトに関して

じゃがいもを保存するためにできることはたくさんあるということですね。
じゃがいもと言えば、いっぱい食べると体重が増加してしまうようなイメージを持っている方もいると思います。
体重が増加しすぎてしまった場合、なんらかの対処が必要になることが多いですが、その逆の症状で日々悩みを抱えている人たちもいます。
太りたいと思って様々なことに取り組んでみたものの、太ることが叶わなかったということもあるんですね。
ということで、太りたい場合に参考になりそうなウェブサイトを紹介します。